pure blue japan

2014.05.31. / 07:38 PM
NEW JEANS!! POP-UP! POP-UP!

またまた、見たことのないようなデニムを作りました!

その名も「XX-020  POP-UP DENIM (ポップアップデニム)」。

xx-020-20

こうやって見る限りでは、XX-007に代表されるDEEP INDIGOと何ら変わりはありません。

しかし!

その色落ちは、今までの”デニム”の概念を覆すものです。

↓ ↓

3d-020-12

お分かりいただけますか?

3d-020-13

今まで私たちが目にしてきたジーンズのヒゲや蜂の巣、色落ちした部分は白いアタリでしたよね。
一方、このジーンズはアタリが青く浮き出てくるのです!

・・・なぜそのような事が起こるのか?

一般的なデニムに用いられる縦糸の染色方法は、糸の芯を白いまま残し表面のみをインディゴで染める「ロープ染色」と言う特殊な手法です。
結果、表面のインディゴが削れて内側の白が表面に現れる。
これがアタリというものです。

では、青く色落ちさせる為にはどうしたらいいのでしょう??

そうです。

通常の白い糸をまず青に染めて、同様にロープ染色すればいいのです。

原理は単純ですが、おそらく今まで誰も思い付かなかった あるいは思い付いていても実践していなかった素材ですよね。
インディゴの青とアタリの青との区別が分かるように何度もテストして開発した生地なんですよ!

このデニムの誕生秘話はというと・・・

私達pure blue japanには横糸がコバルトブルーやパープルのデニムがあるのですが、お客様から「色が落ちると青くなるのですか?紫になるのですか?」と言ったご質問を度々頂いていました。
実際これらのモデルは白く色落ちするのですが、

じゃあ、青く色落ちするデニムを作ろう!  ・・・という単純な発想がきっかけです(^^;ゞ

純粋にジーンズと向き合っているからこそ生まれた商品、と思っていただけると嬉しいです^^

「糸の芯が青い」と言われてもなかなか想像が付かないですよね。こちらの写真を見るとお分かり頂けると思います。


xx-020-17

xx-020-16

ボタンホールやベルトループから縦糸が何本か出ていたので少し解してみると、芯が確かに青!
表面のインディゴが削れるとこの色のアタリが付くという事です。

対して、こちらは通常のDEEP INDIGO。


xx-020-19

xx-020-18

ご覧の通り、芯が白いためこのジーンズのアタリは白く付きます。

色落ちの仕組みがお分かりいただけたでしょうか?

最初にも言いましたが、色落ちする前は「POP-UP DENIM」と「DEEP INDIGO」は瓜二つ。
ですが色落ち以外にも違う点がいくつかありますよ。

① 各所のステッチカラー (左:POP-UP  右:DEEP INDIGO)

・サイド
xx-020-8 xx-020-7

・ウエスト周り(内側)
xx-020-9
 xx-020-10
・裾
xx-020-13 xx-020-12

② 生地のザラ感 (左:POP-UP  右:DEEP INDIGO)
ポップアップデニムはザラ感はあまりありません。

xx-020-15 xx-020-14
シルエットは人気のテーパードスリムフィットの1型のみ。
膝に細かくシワが寄るので、とってもメリハリの効いた色落ちが期待できますよ。

色落ち欲をそそられる逸品がまたひとつ誕生しました。

3d-020-9

【XX-020】 POP-UP DENIM -TAPERED SLIM
size 28~34、 36  ¥25,920(税込)
size 38  ¥29,160(税込)

http://www.purebluejapan.jp/archives/5265

※製品は写真右側のワンウォッシュタイプでの販売となります。左側は色落ち見本用に加工を施したものです。

15件のコメント

  1. 北野 より:

    雑誌を見て気になってた商品だったので入荷を聞いて直ぐに予約させて頂きました。現物はdeepインディゴと変わらない感じですが色落ちのしかたがすごくは珍しい感じです。白く色落ちするのではなく青く色落ちする
    今までに無いジーンズの新しい色落ちって感じでした。届いたら早速穿きこんでいきます。

  2. PBJ より:

    北野様

    先日は暑い中のご来店ありがとうございました!
    「珍しい」「今までに無い」というお言葉、商品開発するうえでまさに私たちが目指している事なのでとても嬉しいです。
    私たちもまだ加工の色落ちしか見たことがないので、北野様が穿き込んて下さった渾身の1本を拝見できる日を楽しみにしています(#^.^#)
    Tシャツやポストマンショートもこの夏たくさんご愛用下さることを願ってます!

    原宿店スタッフ一同より♪

  3. うっちー より:

    先日はご対応頂きましてありがとう御座いました。丁寧なご対応で気持ちよく買い物することが出来ました。

    購入しましたポップアップデニムが裾上げが終わり、無事届きました。

    どのメーカーも挑戦したことがなく、非常に拘っているデニムで面白そうですね。

    XX-005がもう少し色落ちしてから穿きこみたいと思います。

  4. PBJ より:

    うっちー様
    コメントありがとうございます。
    また、先日はご来店ありがとうございました!
    ポップアップデニム無事お受取り頂けて良かったです。安心致しました!
    そうなんです。このような色落ちの試みは私共も初ですし、私の知る限りでは他にもありません!
    ウッチ―様のデニムがどのような色落ちになるのか、私共もとても楽しみにしております♪
    ぜひぜひ、XX-005の後にポップアップを育ててみて下さいね。
    また原宿店にもお立ち寄りください。一同お待ちしております。(^^)

  5. jonathan より:

    Any chance I could order directly from you? I live in the us and I rather buy directly as I have had issues buying from Rakuten.

  6. PBJ より:

    Hello Jonathan,
    Thank you for your inquiry.
    I’m afraid we cannot ship our products to international customers directly.
    There is a stockist named “Blue In Green” in New York.
    They carry a variety of our products.
    If it is not easy for you to visit Blue In Green, you can also purchase online at their website.
    I am sure they will be happy to help you!

  7. 星より より:

    本日無事届きました。ザラ感が無いところが新鮮で良いですね。

    この夏はポップアップを履きこんで大事に育てたいと思います。

    また次なる斬新なジーンズを期待しております。

  8. PBJ より:

    星さま
    無事お受取り頂けて安心いたしました!
    リペアでお預かりしている2本のデニムを拝見する限り、ポップアップも迫力のある1本に育てて頂けるのではと期待が膨らみ、今からワクワクしています♪
    今年も暑い夏になるようですが、ぜひ思い出をアタリとしてたくさん刻み込んで下さい^^
    次の秋冬に向けては、ザラザラ18オンスやちょっと薄い天然藍などの新作ジーンズを予定しています。
    まだ確定ではないのであまり大きな声でご紹介できませんが、星さまのご興味をそそる商品となればと思っております。
    リペアはもうしばらくお待たせしますが、どうぞ宜しくお願い致します!

  9. Erik Lee より:

    I was interested in the xx-020 wil there be a restock again possibly I sure hope. . .send them to denimio:)

    maybe these are the pair that need that extra grittiness of that 18oz slub or even the 24 be great rather than the xx-015.

    I heard these did not have as much texture as the xx-007 is this true?

    When I mentioned awhile back about mixing the deep indigo with the cobalt would been a great idea for the warp yarn only or somehow just the thicker spots that extruded the thicker slub yarn.

    That way when the yarn is fading the cobalt will show/expose when the deep indigo chips away on the gritty slubby uneven yarn.

    Say u dip the yarn in cobalt then re-dip in deep indigo.
    for the warp thread but not saturating the thread with the deep indigo only the cobalt.

    Make the weft like a green tea mixed with natural indigo somehow or just wild cotton or persimmons.

    Maybe I will make a vat of indigo and experiment lol.

    I’m just trying to stir innovation in your minds that’s all.

    My last comment for a while no worries:)

  10. Erik Lee より:

    Never mind that last post.
    I had this idea years ago though with the core being s different color other than white.

    I thought that the weft was cobalt color but indeed what I just described is how these are made.
    I got lost in translation from Japanese to English.

    Maybe start the core saturated of the warp yarn in the green tea with indigo then cobalt then deep indigo.

    So instead of white core makes a green cast after all the cobalt and/or deep indigo falls out.

  11. PBJ より:

    Hello Erik,
    Thank you for your comment.
    Yes, XX-020 doesn’t have a rough/slubby texture as much as XXX-007.
    Unfortunately XX-020 are currently ould out and the next production schedule is not yet set.
    We appreciate your patience.

  12. Kevin より:

    Hi PBJ. Any news on a reproduction of XX-020? Still waiting!

  13. PBJ より:

    Dear Kevin,
    Thank you for waiting XX-020 for a long time!
    XX-020 will be restocked from this December to January.
    (There’s a possibility that schedule may be modified.)

    We will make sure to post the information when it is ready.
    Thank you for your patience as always!

  14. Kevin より:

    Hi PBJ, any dates for restock? Very excited!

  15. PBJ より:

    Dear Kevin,

    We now have to reschedule it. I’m really sorry but I don’t know when it will be restocked…